パルクレールジェルの大人ニキビ対策【3種のニキビに3種の原因と対策】

パルクレールジェル,大人ニキビ

パルクレールジェルのニキビケアで何度も出てきた大人ニキビ。大人ニキビとは何なのか、その原因、そして対処方法を見ていきましょう。そもそも若い時に出来るニキビと大人ニキビは違うのです。

 

ただパルクレールジェルの効果はどちらにも発揮されますので、思春期ニキビや大人ニキビに関わらず、パルクレールジェルを使うようにするとニキビの生成も未然に防げる効果が期待出来ますので、今ニキビはないけど…って方にもお勧めです。

 

10代の頃にできるニキビは思春期ニキビ言い、大人になってから出来るニキビを大人ニキビと言うのです。思春期ニキビはしっかりとしたケアをすれば跡も残らずに消える場合がほとんどです。

 

対して大人ニキビの場合普段スキンケアをしている場合でも出る事が多く、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと出来たニキビを放置すると悪化していきます。思春期ニキビと違ってニキビケアをしていても悪化するケースもあります。

 

まず大人ニキビが発生する原因として肌が乾燥していて皮脂が貯まったり詰まったりする場合。これは背中やあごの肌が乾燥している場合に起こりやすく、肌のバリア機能が低下し、外部刺激の影響を受けやすくなってしまうのです。

 

また外部刺激を受ける事によって古い皮脂、角質が溜まりやすく、それは大人ニキビを引き起こすトリガーになるのです。他にもあごは汗をかく事は滅多にありませんが、皮脂膜の分布が多い為皮脂が詰まりやすくまた乾燥しやすいのです。

 

他にも大人ニキビが出来る原因として肌ストレスが挙げられます。これは日常生活の中で肌そのものにストレスが掛かる場合が多々あります。普段何気なく使用している化粧品もこの外部からのストレスに分類されます。

 

他にはホルモンバランスの乱れが原因になる事も。ホルモンバランスは睡眠不足、疲労と言った物理的ストレスと、精神的なストレスによっても乱れてしまうのです。自分なりのストレス発散方法を見つけたいところですね。

 

原因は大きく分けて上記の三つになります。では実際に出来るニキビの種類を説明していきましょう。大人ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビがの三つに分かれており、白ニキビと黒ニキビはまだ初期段階と言えます。

 

白ニキビは毛穴が塞がって皮脂が出られなくなった状態ですが、この時点なら炎症も起こしてませんのでケアがしやすい状態ですね。黒ニキビも初期段階で適切なニキビケアをする事で跡が残らないように出来ます。

 

ただし赤ニキビになると厄介な事になります。白ニキビや黒ニキビが悪化した状態を赤ニキビと呼び、毛穴に詰まった皮脂をエサに細菌が増殖している状態です。この状態では炎症を起こしており、長引けば皮膚細胞を傷つけ跡になってしまいます。

 

では対策はどうすれば良いのか?それにはバランスの取れた保湿ケア、ターンオーバーの促進、ホルモンバランスを整えるなどの対策があります。保湿ケアにしてもそうですがただ化粧水で保湿していればいいと言うものではありません。

 

綺麗な肌を保つにはバランス良く水分と油分の量が均等に取れている状態が望ましいのです。油分のない肌はダメ肌とも言われています。洗い過ぎなどに注意しましょう。肌のターンオーバーを正常に保つために無添加の化粧品が望ましいと言えます。

 

ホルモンバランスを乱す最大の原因は、運動不足、睡眠不足に偏った食生活などの不規則な生活習慣です。それを改善していく事にしましょう。