クレーターのメイク方法【効率的なニキビケアとは!?】

クレーターのメイク方法

お肌にクレーターのような穴があるとメイクしていてもなかなか隠しきれるものではありません。これが大きい穴(クレーター)や深い穴だとなお隠すのに手間暇がかかります。中にはすでにメイクを諦めてる人もいるそうです。

 

ですが最近ではクレーターのような肌トラブルにも対応した化粧品も多く出回っており、今まであれば諦めていた穴も埋められるようになってきました。ここではクレーターのような穴をカバー出来るメイク方法をお伝えしていきます。

 

肌の穴を隠すのに必須なのは化粧下地です。クレーターや凸凹などを埋める事さえ出来れば、後はファンデーションを塗る事で肌の穴や凸凹など全く分からなくなるわけです。それだけに化粧下地には手を抜かずにいきましょう。

 

化粧下地に用いるものは当然なんでも良い訳ではありません。下手な化粧下地を選ぶとそれだけ肌に負担がかかり、クレーターや凸凹を悪化させてしまうので、化粧下地選びは慎重に行うようにしましょう。

 

化粧下地でお勧めなのはシルキーカバーオイルブロックですね。この化粧下地はクレーターに対応している専用の化粧下地。肌のクレーターにしっかりと入り込んで、絶妙な弾力で埋めた穴をカバーしてくれるのでお勧めです。

 

また美容成分も豊富に含んでますので、メイク中の肌へのダメージをケアしてクレーター改善を阻害するような事がありません。シルキーカバーオイルブロックを使い、それからファンデーションを使う事で穴や凸凹を隠す事が出来ます。

 

化粧下地が終わったら次はファンデーションを塗っていきます。ですがその際に注意する点が1つ。それはパウダータイプのファンデーションは使わずに必ずクリームタイプのファンデーションを利用するようにしましょう。

 

パウダータイプのファンデーションを使うと返って穴を塞ぐどころか、肌への負担を増大させ、クレーターなどの穴を悪化させてしまうことになるからです。クレーター肌や穴あき肌の場合はクリームタイプのファンデーションを選びましょう。

 

クリームファンデーションではコーセーの澄肌CCクリームがお勧め出来ます。穴あき肌や肌の凸凹のような肌トラブルに対応しているファンデーション(下地)であり、澄肌CCクリーム単体でも化粧下地として機能します。

 

しかもクリームタイプのファンデーションですので肌や毛穴を傷付ける事無く肌への負担も掛けません。ただしここまで来て違和感を覚える場所がなかったでしょうか?そうです。ここではクレーターや凸凹な肌を隠すのみです。

 

出来れば隠す、ではなく治す方向で思案していきたいところです。幸いにも最近のニキビケア美容液の中には美容成分をたっぷりと含んだコンシーラーのようなものもあり、隠す世代から治す世代へと時代は流れているのです。

 

今だ隠す事を続けている方には、隠しながらも治せるニキビケア美容液を是非とも試してほしいところですね。隠す事は悪くありませんが、改善に向かっていかない隠すだけの化粧は正直お勧め出来ないですね。

 

クレーターを治したいのであればニキビケア成分を豊富に含んだニキビケア美容液を使うともっとも効果的だと言われています。

 

>>ニキビ跡やクレーターをケアする美容液のオススメはこちら